ワキの黒ずみの原因と対策

megumi

わき黒ずみもデリケートゾーンですよね。早速ワキの黒ずみの原因を見ていきましょう。

ワキのこすれによる色素沈着(黒ずみ)

ワキの肌はかなり薄くてダメージを受けやすいデリケート場所です。的外れなセルフケアによる擦れや、お洋服の摩擦、力を入れて洗うことによって、表皮が損傷し色素沈着しやすくなる傾向にあります。

脇の古い角質が排出できず硬くなり蓄積している

ワキ汗が気になってしょうがない方もいると思われますが、ワキに関しては汗とか皮脂分泌が活動的なエリアだそうです。その影響で、素肌の代謝サイクルがうまく出来ずに過去の角質が詰ってしまうと黒ずみになってしまいます。

保湿不足で生じるダメージ

ハリの足りない皮膚は、外からの刺激に傷つきやすい特徴があります。汚れや皮脂を除去するだけで、保湿されていないワキは、こすれにより傷がついやすく、黒ずみができやすいとされています。


ワキ毛ケアのやり方を改める

いつもの自己処理方法についてですが、普段はワキのムダ毛をどのようにケアしていますか?自分でできるケア方法には「カミソリ、毛抜き、電気シェーバー、除毛クリーム、家庭専用脱毛器」の6つ存在します。

あなた自身が可能な手入れ方法はひとつではないため、過去に様々試みた人も少なくないかもしれませんね。。ワキの黒ずみができる原因は、皮膚にコスレによって起こるものが一般的です。

お肌にダメージをもたらすような毛抜きピンセットや、カミソリでのお手入れのしかたはやめた方が賢明です。

とにかく黒ずみ対策のお手入れアイテムを活用する以前に、ご自身の処置方が肌にダメージを与えてないか?ということを振り返ってみてはどうですか。

重曹でピーリングする

重曹は黒ずみを薄くするのに効果的です。食用の重曹の活用で対処ができる為、めんどくさくても、気軽にサッとできて楽なんて声も結構あります。

重曹の効き目に関してですが、黒ずみという物は角質が古くなり酸化させた結果なので、毛孔の奥深いところの不衛生ばかりか固まった古い角質さえ浮かせて除去しやすいの状態にしてくれることになります。

活用方法は、ピーリングと同一のといった手段を使ってずいぶん安易です。とりあえずは食用の重曹をお水で溶いてどろっとした状態にししていきます。

その後黒ずんだ箇所に塗り、約数分ぐらい待ちます。そしてぬるま湯で漱いでください。処置間隔としては週に2日くらいで十分です。注意点としては重曹は必ず食用のものを使用するようにしてください。

重曹には3つの種類があり、薬用とお掃除用、食事用が存在しますため間違いなく間違いないことを意識しましょう。

ワキの黒ずみケアクリームやジェルを使う

黒ずみケアに関する商品は、ワキの黒ずみにアプローチするジェルまたはクリームと言った商品が薬局などでもなどでも用意に手に入ります。しかもその種類が豊富です。

黒ずみ対策の昨今のトレンドは、極力ダメージを与えない美白成分が含有され保湿力があり美白の実力のあり持ち運びできるクリーム系です。

ワキの黒ずみをお手入れする為に必須の保湿成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲンやグリチルリチン酸などが存在感を増しつつあります。

そして保水パワーに高評のセラミドも相当寄与しますので、極力セラミドが含まれている化粧品を活用することを意識しましょう。

その上、美白成分は、ビタミンC誘導体や、コウジ酸、米ぬかエキスなども欠かすことができません。

【関連記事】

悪い口コミだらけ?話題のイビサクリームって本当に効くの?